褥瘡
 これからの高齢化社会では病院だけでなく、施設や在宅でも褥瘡を経験する機会が増加すると考えられます。
 医療従事者はもちろんですが、そうでない方もある程度の知識をもって接しなければならないこともあるかもしれません。
 褥瘡は未然に予防することが、最も重要なことです。しかし一般家庭などではたとえ知識があってもそこまで手厚い介護ができずに褥瘡を作ってしまうことがしばしばあります。また、介護のできる施設や病院でも残念ながら褥瘡を作ってしまうことがあります。
 褥瘡の予防を心がけるとともに、治療のついての知識を修得し適切に対応できるようにしたいものです。
1褥瘡とは
 定義  分類  好発部位

2褥瘡の予防
 予測  背景因子

3保存的治療
 デブリドマン  外用療法

4問題点
 消毒液  抗生剤  ウエットドレッシング  ラップ療法
HOME